Solar System

安心・安全なエコライフ

モデストは、太陽光発電システムの設置をご検討の方へ、最適なアドバイスを行うパートナーとして寄り添います。

太陽光発電

太陽光発電とは「太陽電池」と呼ばれる装置を使い、太陽光エネルギーを直接電気に変換する発電方式となります。つくった電気は実際にご家庭で使用して、使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。災害で停電になった時でも太陽が照っていれば電気を使うことができる、経済的にも嬉しいシステムです。また、クリーンであることも大きな特長。発電の際に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)も発電時にはまったく排出しません。エネルギー源の確保が簡単で、地球にもやさしい太陽光発電。日本は、世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国でもあり、その導入量のさらなる増加が期待されています。

  • 家計も助かる!
  • 売電単価と設置費用
  • 2019年 vs 2009年

発電した電気は自宅で使い、余った電気は売る

発電した電気は優先的に家で使われます。今まで払っていた電気代を払うことなくご自宅の屋根で発電した電気を使いますので、その分月々の電気代は安くなります。オール電化を導入しているご家庭では通常深夜の電気代単価を安くする代わりに日中の電気代単価が高くなる電気料金プランにされますので、より電気代の節約効果が高くなります。

売電単価と太陽光システム設置費用の関係

企業による技術開発や、国内で堅調に太陽光発電の導入が進んだことにより、太陽光発電設備のコストも着実に低下しています。さらに左の表では「平均」の金額となっておりますので、実際にはもっと低い金額で設置が可能な場合があります。

太陽光発電を賢く・お得に設置するには、システム単価が安く、安心して設置を任せられる業者を見つけることが大切です。

太陽光回収年数比較

2009年にシステムを設置したBさんと2019年にシステムを設置したAさんを比較してみました。

Bさん場合、売電価格は48円と高いのですが設置コストが高かったため設備投資回収までに約14.1年かかります。

​ところが、Aさんの場合、売電価格こそ下がりますが、設置費用が安価になり、設備投資回収までに約10.2年とBさんよりも回収年数が早いことがわかりました。

電気代は今後の原油価格などの動向によっては、さらに値上がりが続く可能性があります。
太陽光発電があれば、自己消費をすることで電気を買わずに済みます。
また電気代が値上がりするほど、太陽光発電で節約できる電気代は増えます。

住宅のこと、太陽光発電のこと、資金のこと、住宅に関わるお困りの事がありましたら、ぜひ、お問い合わせください。

お問合せはこちら